トップページ
トピックス
あらまし
業務内容
相談・支援
アクセス
ジョブコーチ
リンク集
福岡市障がい者就労支援センター
トピックス
キャリアアドバイザー活動報告 その6:更新日29年5月31日

 道路沿いの樹々の葉の鮮やかさが目に映るこの頃、月並みですが「風薫る季節」となりました。 新年度を迎え、新たな職場や学校でスタートラインに立った方も多いのではないでしょうか。古参の(?)私も4月のこの時期は、気持ち新たに仕事に向かっています。
 さて、センターには障がいのある方からの相談に対応、ご本人の支援計画を立てる「就労支援コーディネーター」、支援計画のもと、障がいのある方が自立して働けるよう職場で支援する「ジョブコーチ」、障がい者雇用に関する相談窓口のキャリアアドバイザーの三つの役割を担う職員で構成されています。
 キャリアアドバイザーの私は企業担当をしているため、障がいのある方の支援に直接関わることはありませんが、担当している企業へ就職した方の様子は企業訪問の際に会社の方から聞いたり、就労支援コーディネーターやジョブコーチが話してくれるので知ることができます。
 ある企業では、「社内の標語募集でご本人の作品が全社員の中で一位に選ばれたことが自分の事のように嬉しかった。」と人事の方がお話しされた時は私もまた嬉しくなりました。「ずっとここで働いてね。」とご本人へ伝えたそうです。
 またある企業では失敗談も半ばジョークを交えてお話しいただき、思わず苦笑してしまうことも。(しかしその担当者は幾度となくあった本人の失敗にもめげずに話して下さるのです。信頼関係があってこそだと思いますが・・。)
 「○○さんは、とても戦力になっている」、「○○さんは我が社になくてはならない存在です。」と企業の方に言われた時は思わず私も「ヨッシャ!」と心の中で呟いて拳を握りしめています。
 この言葉を一つ一つ聞くことが企業担当の私のひそやかな楽しみとなっています。
 
  キャリアアドバイザー K

戻る

Copyright © 福岡市障がい者就労支援センター All Rights Reserved.